ダイアログ・イン・サイレンス
アテンドスタッフ募集!

日本初ダイアログ・イン・サイレンスのアテンドスタッフを募集いたします。

ダイアログ・イン・サイレンスとは、音声を用いないでコミュニケーションをする聴覚障害者がアテンドスタッフとなり、参加者に言葉を超えた表現で対話を促すソーシャルエンターテイメントの体験です。

参加者は数名でグループを組み、音のない静けさの世界で様々なシーンを体験します。そこで案内をするのが「アテンド」と呼ばれる聴覚障害者のスタッフで、様々な気づきを提供するために中心的な役割を果たします。ぜひ日本初ダイアログ・イン・サイレンスのアテンドとして活躍してみませんか。

なお、5月17日(水)18:00より説明会を行います。
興味のある方は、ぜひご参加ください。

研修では海外からベテランのアテンドトレーナーが来日し、ダイアログ・イン・サイレンスでの様々なファシリテーション技法をしっかりと伝授いたします。


アテンドスタッフ募集要項

業務内容
ダイアログ・イン・サイレンスを理解し、サイレンス体験イベントの進行と体験者のサポート
勤務日
2017年8月1日~20日(10:00~21:00までのシフト制)
※ただし、以下日程で研修を行います。
6月25日、7月8日、21日、22日、23日、24日、25日、27日、28日、29日、30日、31日
勤務地
ダイアログ・イン・サイレンスの会場(新宿周辺を予定)
応募条件
  • 聴覚障害のある方で、手話を主な言語とされている方
  • 指定する研修日に全日参加できること
    ※都合が難しい日がある場合には、履歴書にその旨をご記載ください。
  • 18歳以上であること(高校生 要相談)
  • ある程度の体力があること
    ※無音の環境で90分程、休憩なく働き続けます。
求める人物像
  • 表現豊かなコミュニケーションがとれること
  • 新しい経験や学ぶ意欲があり向上心がある方
  • チームの一員として良好なコミュニケーション・関係性をもって働くことができること
  • イベント体験者は年齢、コミュニケーションスキル、参加動機が多種多様であるが、それらを理解し、お客様個人を尊重できること
    ※上記条件および人物像に加え、勤務可能な日数が多いことも選考では優先させていただきます。
待遇
  • 時給 1,000円~(研修期間中は時給940円)
  • 交通費 1日往復1,500円まで実費支給
採用後の流れ
基本的な接遇マナーや、ダイアログ・イン・サイレンスのファシリテーションの技法についての研修を受講いただき、デモンストレーションでの実技試験を経て、正式な採用となります。
選考の流れ
履歴書(写真添付)と履歴ビデオを、メール(info@dialogue-japan.org)宛てに5月21日(日)必着にてお送りください。書類選考の通過者には、6月初旬に面接をさせていただきます。
※ご応募いただいた書類は厳重に管理し、今回のスタッフ募集にかかる目的以外には使用いたしません。
※採用・不採用の理由については、一切開示いたしません。
履歴書
こちらのフォーマットにご記入ください。
履歴ビデオ
以下の項目を手話でお応えいただきご自身を表現ください。
  • 自己紹介
  • 聞こえる人とどのようにコミュニケーションをとっていますか。
  • 最近あなたが感動したことは何ですか?
  • これまで経験した仕事はどのようなことですか?
  • 目的の駅へ行く道が分からず、近くの人にたずねる必要があります。あなたはどのようにしてたずねますか? そして、教えてくれた人に御礼を言います。「ありがとう」の気持ちをどのように伝えますか?実際に演じてみてください。
    ※時間は全体で7分以内としてください。
    ※撮影は上半身が映るようにしてください。スマートフォン等での撮影で構いません。
お問合せ先
一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ 担当:浅野
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-8-2-B1
TEL&FAX. 03-3479-9683
MAIL. info@dialogue-japan.org